≫ EDIT

残念ですが、、、

20180120.jpg
ゲンちゃん、、戻ってまいりました

しかし ゲンちゃんに原因があった訳でもなく、、里親希望のS様 大変よくしてくださり何にも問題はなかったのです。
もちろん 先住犬のりゅうちゃんも大喜び。。


しかし 何時間も考えて 代表Fさん、、苦渋の決断を致しました。

何千坪もある広大な敷地の中に、ご夫婦が作られたまるでドッグラン。。基本この中での生活となり家にももちろん行けますし、寒さ対策もバッチリ、自由に走り回れ、ゲンちゃんを迎え入れてくれる段取りも全て完璧にしてくださり、、ゲンちゃんも喜んでりゅうちゃんと走り回っておりましたが、、

20180120 (1)
20180120 (2)

雷が鳴った時、または猪が時々出てくると言う事をお聞きし、、フェンスの中には入って来ないとしても ゲンちゃんがビックリした時のことを想像すると、相当なビビリのゲンちゃんがパニックを起こしてこのフェンスを飛び越えはしないか、、

りゅうちゃんには もう少し人慣れをして飛び越える危険のない子をお友達として迎えて頂くことにして、ゲンちゃんは出来れば 基本 家の中で飼える方に迎えて頂いた方がよいのでは、、ということになりました。

楽しそうにしているゲンちゃんを連れて帰るのもかなり悩みましたが、、もしフェンスを越えて逃げた時に回りは山ですし、里親様がつらい思いをされることが、、私達も一番つらいことなのです。

なかなかスムースには行きませんが S様も十分了解してくださり、代表Fさんの長年のキャリア&経験を重んじてくださり、、
また次へ進む事となりました。

よって ビビリのゲンちゃんを迎えてくださる里親様、、改めて募集致します!!

ゲンちゃんの保護主 Tさんから 10,000円ご寄付いただきました。
里親様が決まった事をお知らせしたら とても喜んでくださいましたが、、残念でした。
アカラスの治療もまだ必要ですので すみませんが治療費として使わせていただきます。

私達も預かりしたものの そう簡単には里親様は決まりません。
そして お金もかかります。。

どうか 皆様 犬猫を保護した方は 自分で里親を見つけるなり、努力してくださいませ。
責任がある以上 私達もその子の性格や体質、、全てを重視致します。
病気があれば治療にも行き、医療費もかかります。

本当に簡単に考えないで頂きたいのです。。私達は必死で考え頑張っています。
でも 上手く行くことばかりではありません。。

そして またもや 放棄犬を引き取ることになる話しもでてきています。
どうしてこう 次々と可哀想な子が出てくるのか、、

なかなか順調には行かない日々、、どうか皆さま ご協力ご支援宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

| 里親募集 | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

※ボランティアの限られた会員で不定期にコメントチェックを行っているため、
返信にお時間をいただくことがございますがご了承ください。















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokoa61.blog136.fc2.com/tb.php/1061-72ae13eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT