FC2ブログ

高齢な飼い主さん

不幸な犬猫をつくらない会

-
〇お願いとお知らせ〇

会員・メンバーさんにおかれまして
今季の出産ラッシュでお忙しい時期と思います
本当にお疲れ様です
譲渡会への参加の意向などご連絡頂く際
今年よりブログ担当者が代わっております
昨年までお世話になりました
NAさんは退会されており
ご迷惑になりますので直接の連絡は
ご遠慮くださいませ
代表への直接のアクセスになりますので
ブログ左側にありますメールフォームをご利用ください
再度、当会より連絡致します
お手数をお掛けしますがよろしくお願い致します

・・・・・・・・・

サウスヴィレッジフリーマーケットでの
譲渡会とガレージセールについて
譲渡会を行う際はこちらで告知の上
山陽新聞サンデーメッセージにも掲載し
必ず代表の藤本が同席しておりますので
その際はどうぞよろしくお願い致します

・・・・・・・・・・・

またもや大変な相談が舞い込んだF代表
いつもなら連絡がこない
個人ボランティアさんからの切羽詰まった相談
ニュースでも耳に入ることもあるかと思います
それは

ご高齢の方が飼育不可能になってしまうこと

現地に向かった代表が見たもの・・・
2019774.jpg

うじゃ・・・
2019773.jpg

うじゃうじゃうじゃ・・・
2019772.jpg

飼えなくなったと云う事もありますが
後継人さんを作っていないことや
去勢不妊をしない結果がこうなるのです
でもですよ、大事に可愛がっていたことは
この猫ちゃんたちを見ればよく分かるんです
人にもこんなに慣れているから

相談を受けた個人ボランティアさんに
親戚の方たちは言う
「山に捨てるっ!」
岡山県でも野犬はいます
イノシシも狐もいます
捨てるということは飼い猫にとって
とても厳しい環境になることは
十分に想像は出来るんです
そして捨てるということは
「不法投棄」で罰せられます

そして同じ日、ご飯も食べず向かった先は
同じようなご高齢の方のお家へ
飼い主さんに代わり
餌だけはご家族の方が置いています

こんにちは~
2019776.jpg

日向ぼっこかな
2019777.jpg

でも病気の子も見えたそうです
2019775.jpg

このお宅の猫ちゃんも
人慣れはしているんです

簡単に捨てるという選択肢ではなく
そして現状をこのままにするのでもなく
どうか保護(不妊去勢)・里親探しをしませんか

はてさてご家族もいるこの状態で
いったいどこまでのことができるか・・・
愛護すると云うことを一緒にと考えることは
難しいことなんでしょうか

・・・・・・・・・・・

皆様にはいつも温かいご支援を頂き
本当に有難うございます
メンバー一同御礼申し上げます
現在沢山の保護犬猫が在籍し
ご支援頂けると大変助かりますので
どうかよろしくお願いします

↓こちらから↓

「ご支援ください」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インスタグラム始めました
保護主さんたちから送ってもらったお家でのほんわかショットを
こちらでご紹介していこうと思います
ワタクーシKOも留守にすることもあるので
Blogと前後してこちらから先行配信もあるかもしれませんが
是非フォローお願い致します

Instagram.jpg
スポンサーサイト



Posted by不幸な犬猫をつくらない会