≫ EDIT

幸せ便り、仔犬たち。

皆さま、おはようございますー。

先日の事です。

F さんが、仔犬たちを里親さまのお宅に届けに行かれました。

兄弟2頭を希望して下さった方なんですが、

2頭も大丈夫かな、F さんはもちろんの事、私も内心、心配しておりました。

でも、大丈夫ですね。

2頭とも、幸せになれそうです。

下の写真は、里親さまのお宅撮ったものです。


28012410.gif


ところで、

F さん家にはは、いつもたくさんの仔犬たちがやって来るわけですが、

一度に、12頭やってきた時もありましたね。

成犬より仔犬を保護する事の方が簡単と、誤解されてる方もおられます。

とんでもないのですよ、これが。

私も短い期間でしたが、生後1ヶ月程度の仔犬6匹を預かった事があるので、よく解ります。

場所は、確かにとりません。

何頭いても、中型犬1頭分のスペースでいけそうです。

(生後2ヶ月を過ぎると、そうもいきませんが。)

それから、散歩も必要ありません。

ですが、

お世話にかかる時間が、悲しいくらい、必要です。

生後1〜2週間の子たちですと、まずミルクをあげないといけません。

1日に何回も。

そして仔犬たちは、食べたらすぐにうんこをします。

どんなにすばやくかたずけようと思っても、誰かが誰かのうんこを、すでに踏んでいます。

部屋中、びっくりするような匂いです。

鳴き声も、犬とは思えません。

どちらかと言えば、鳥の鳴き声に似ています。

『きいー、』『きゃー、』

真夜中だって鳴いています。

もちろん、怒っても通じません。

と、挙げていくときりがないのですが、

一番しんどいのは、これと思います。

ちゃんと元気にしているか、弱ってないか、

外出していても、落ち着きません。

犬は、人間よりずっと丈夫な生き物と思いますが、それは成犬の話です。

仔犬の時期は、6ヶ月過ぎるまでは油断出来ないなあ、と思います。


今日も、かなり長くなり、すみません。

要はです、何が言いたいかと言いますと、

犬猫たちの保護というのは、どんな子たちであっても、

また、保護期間の長い短いに関わらず、

簡単ではないって事ですね。


28012414.gif


28012413.gif


F さん家に居た頃の、仔犬たちです。

保護猫さんたちも、仔犬のお世話を手伝うらしいですよ。



あの子たちのお世話は決して簡単でない事。

それでも、私たちは、あの子たちを助ける事を諦めたくない。

そういう気持ちで皆、頑張っています。

図々しいかもしれませんが、

里親になっていただく皆さまにも、同じ気持ちでいていただけたら嬉しいです。

よろしくお願いしますね。

スポンサーサイト

| 幸せだより | 08:40 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うんうん…大変ですよね。
何でもかんでも、口に入れて遊ぶし(*^o^*)

優しそうな里親様の家族になれて、良かったですね(o^^o)

| くまめい | 2016/02/05 14:28 | URL |

※ボランティアの限られた会員で不定期にコメントチェックを行っているため、
返信にお時間をいただくことがございますがご了承ください。















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokoa61.blog136.fc2.com/tb.php/652-c9bb3666

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT